今月のメニュー

愛媛風鯛茶漬け

新味料で甘味をつけた鯛の刺身を国産米純米料理酒・昔ながらの純米本みりんを煮切って加えたつゆと卵にからめてごはんにのせていただきます。〆はたれを鯛をのせたごはんにかけて鯛茶漬け風にいただきます。

レシピ情報
  • エネルギー:476 kcal
  • 調理時間: 40分 
  • ※エネルギーは1人分です。
材料

(4人分)

鯛(刺身用)
200g
かつおだし
Cより160㏄
しょうゆ
小さじ4
4個
白炒りごま
小さじ2
青ねぎ(小口切り)
8g
青じそ(せん切り)
4枚分
ぶぶあられ
適量
きざみ海苔
適量
練わさび
適量
ごはん
560g

 

A)新味料
小さじ2
A)しょうゆ
小さじ1
B)昔ながらの純米本みりん
60㏄
B)国産米純米料理酒
60㏄
C)水
300㏄
C)削りがつお
10g
作り方

下準備

・鯛は20等分のそぎ切りにし、表面に混ぜ合わせたaを塗り、ラップを密着させてかけ、食べる直前まで冷蔵庫に入れておく。
・鍋にcの水を入れて火にかけ、沸騰直前に削りがつおを加え加熱し(弱火約10分)、ペーパーを敷いたザルでこしておく(かつおだし)。

  1. 鍋にBを入れ、2/3量位になるまで煮切る(中火3分~)。

  2. かつおだし・しょうゆを加え、ひと煮立ちさせ、火を止め、粗熱を取る。

  3. 卵を1個ずつ器に割りほぐし、②を分け入れる。

  4. 茶碗に熱々のごはんを盛り付け、鯛をのせる。

  5. 別皿に白炒りごま・青ねぎ・青じそ・ぶぶあられ・きざみ海苔・わさびを盛り付け、③を添える。

濃いめのかつおだしは、つゆに使用する調味料の風味や味を活かします。
最後に、卵とつゆを混ぜ合わせた③をごはんにまわしかけ、お茶漬けとしていただきます。

レシピ検索

とっておきのレシピ一覧を見る