企業沿革

キング醸造の歩み

キング醸造株式会社は明治33年の創業の醸造調味料メーカーです。メイン商品である「日の出みりん」は明治34年から製造を開始しました。下記では弊社の歴史をご紹介します。

1900年(明治33年)
創業者である大西猪太郎、「醇良粕取焼酎」発売
1901年(明治34年)
「日の出白味淋」の製造販売を開始
1927年(昭和2年)
大西合名会社(当時資本金1万円)を設立
1960年(昭和35年 )
調味料としての 「日の出新味淋」を製造開始
1961年(昭和36年)10月
キング醸造株式会社設立(資本金120万円)
1969年(昭和44年)6月
鉄筋コンクリート建(500㎡)のビン詰工場完成
ビン詰め能力、毎時3600本ラインを増設
1972年(昭和47年)12月
1200㎡の工場を増築すると同時に、ビン詰め能力、毎時7200本ラインを増設
1973年(昭和48年)10月
「日の出クッキングワイン」発売
1975年(昭和50年)10月
「日の出料理酒」製造販売
1976年(昭和51年)10月
1.8リットル専用ビン詰めライン、能力毎時3000本を増設
1977年(昭和52年)10月
一部5階建てのビン詰め工場完成能力毎時2万本、全自動ビン詰めライン稼働
1978年(昭和53年)2月
日の出通商設立(資本金500万円)
1978年(昭和53年)10月
本社事務所完成(延520㎡)鉄筋コンクリート二階建て本みりん醸造工場完成
1980年(昭和55年)10月
小型ペットライン新設毎時7200本
1983年(昭和58年)7月
500ミリリットル専用ライン新設(改造)
1985年(昭和60年)10月
中国天津直沽味淋醸酒厂においてみりん原料“もろみ”の委託生産を始める
1987年(昭和62年)2月
シンガポールにキングアルコール インダストリーズ設立
1987年(昭和62年)9月
紙パックライン(毎時1000本)設置
1988年(昭和63年)7月
本社工場隣接地に第二工場(みりん蔵)完成(床面積3,960㎡)
1993年(平成5年)7月
「播州錦(上・佳撰)」1.8リットルパック発売
1993年(平成5年)9月
錦工場完成清酒製造免許を取得し、清酒生産を開始
1993年(平成5年)10月
アメリカ・ワシントン州ケント市にヒノモトコーポレーション設立
1993年(平成5年)12月
中国天津市に合弁会社、天津日之出醸造有限公司設立
1994年(平成6年)5月
「播州錦」、知事賞を受賞
1997年(平成9年)2月
「純米料理酒」ペット600ml発売
1997年(平成9年)9月
マレーシアにビッグウエスト インダストリーズ設立
1999年(平成11年)5月
ISO9002認証取得
1999年(平成11年)10月
第三工場完成(汎用ペットライン完成)
2000年(平成12年)5月
リキュール免許取得
2000年(平成12年)7月
リキュールを発売
2000年(平成12年)10月
創業100周年を迎える
2001年( 平成13年)
いなみワイン発売
2002年(平成14年)
ISO9001:2000更新
2007年(平成19年)9月
「エコレールマーク」取組企業認定を取得
2008年(平成20年)10月
新在家工場(清酒蔵)完成
2010年(平成22年)10月
創業110周年を迎える
2011年(平成23年)10月
タイにみりん製造会社「SIAM KING CO;LTD」を設立
2018年(平成30年)8月
ISO9001:2008からFSSC22000Ver4.1へ移行