その他

耐熱容器に白玉粉・上新粉・水・日の出新味料を合わせて加熱して、餅生地を作ります。あんで包んだいちごを餅生地で包み、さらに桜の葉の塩漬けを巻きます。新味料が少量入ることで餅生地の伸びが滑らかで扱いやすくなり柔らかい餅生地になります。

レシピ情報
  • 調理時間: 30分 

使用されている商品

材料

10個分

いちご
10粒
こしあん
500g
桜の葉の塩漬け
10枚

 

*餅生地*白玉粉
70g
*餅生地*上新粉
50g
*餅生地*水
180cc
*餅生地*日の出新味料
大さじ2
*餅生地*片栗粉
30g
作り方

下準備

・いちごはへたを除き、こしあん(いちご1粒当り50g)で包む。
・桜の葉の塩漬けは流水で洗ってから、たっぷりの水に20分ほど浸け、しっかり塩気を抜き、水気を切っておく。

  1. 耐熱容器に 白玉粉・上新粉をあわせてざっと混ぜ、水(1/2量:目分量でOK)・日の出新味料を加えて ダマがなくなるまでこねる。

  2. 1に残りの水を入れ、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)で3分30秒加熱する。軽く混ぜてから再度1分加熱し、片栗粉を加えて切るように混ぜる。冷めたら10等分にする。

  3. ラップの上に片栗粉(少々:分量外)をおき、2の餅生地をのせ、ラップを使って平らに広げる。その上にこしあんで包まれたいちごをおいて包み、桜の葉の塩漬けを巻く。残り9個も同様に作る。