料理酒とは

「さしすせそ」の前に
美味しい料理に仕上げる
縁の下の⼒持ち

料理酒
料理酒 共煮沸効果

料理酒は米、米こうじ、食塩などを原料とした、料理に特化した醸造調味料です。

原料の米由来の有機酸やアミノ酸などは料理にうまみ・コクを付ける効果があります。
また、料理酒には肉や魚の臭みを消すはたらきがあり、アルコールと一緒に蒸発させる共沸効果と、有機酸による臭み物質のマスキング効果があります。

さらに、アルコールは食材を柔らかくする効果のほか、調味成分が食材に浸透するのも助けます。

料理酒のはたらき
使う料理例 和洋問わず様々な料理
調理のポイント アルコールを含むので加熱が必要
アルコール度数 13%前後
甘みを付ける  
うまみ・コクを付ける
肉や魚の臭みを消す
食材を柔らかくする
味を浸み込みやすくする
てり・ツヤを付ける  
煮崩れを防ぐ

美味しく仕上がる、その理由

アルコールのはたらきで食材の水分を保ち、食材を柔らかくします。
また、他の調味成分がアルコールと一緒に浸透する事で料理の味を均一に仕上げる事ができます。

料理酒なし

料理酒なし

料理酒あり

料理酒あり

調味料を入れる順番

料理酒
料理酒

アルコールを含むので
加熱が必要

砂糖
醤油
味噌